極度の手フェチ-2

 

普通は抱きしめるところだから、ちょっと不自然だったが、少しでも長くこの手を握っていたかったのだ。

 

ちゅくちゅくと舌を絡ませあいながらも、俺の意識は真美の手に集中している。

 

極度の手フェチ-2

 

俺の手にぴったりと密着している手のひら、絡み合っている指・・・。

 

あまりにも長くディープキスしすぎたせいで、真美がメロメロになっていた。

 

しかたなく、ベッドに押し倒して、やさしく服を脱がせる。

 

手以外の場所にはまるで興味がなかったので、別に脱がせる必要もなかったのだけど、初めてのセックスで服を脱がせないわけにもいかないし。

 

手がきれいなだけあって、真美は肌がきれいで、おっぱいもそこそこ大きかった。

 

ウエストもくびれているし、スタイルはかなりいい方だと思う。

 

パンティだけの姿にすると、申し訳程度におっぱいを愛撫した。

 

そっとおっぱいを揉んで、乳首をいじって、真美の反応を窺ってみる。

 

極度の手フェチ-2

 

割と感度がいいらしく、敏感に反応している。

 

「ねえ、自分でちょっとだけ、ここ、触ってみて。」

 

おまんこをクンニしてちょっと濡らしておいて、クリトリスに真美の手を導いた。

 

ちょっと戸惑ったようだったけど、素直にオナニーっぽくクリトリスをいじってくれる。

 

それをみているだけで、すごく興奮した。

 

おまんこにそっと指を入れて、真美の指をみせつけるようにしゃぶる。

 

すんなりとした細い指に、舌をねろりと絡ませると、心の底から幸せがこみ上げてきた。

 

手のひらや手の甲にもキスして、ちろっと舐めてみる。

 

真美は手マンに感じているらしくて、おとなしくされるがままになっている。

 

極度の手フェチ-2

 

ずうっとこうやって素晴らしい手を愉しんでいたかったけど、おまんこが充分すぎるほどぐちゅぐちゅになってしまったので、そろそろちんぽを挿入することにした。

 

誠実な男だという印象を与えるために、しっかりとコンドームを装着して、じわじわとおまんこに入れる。

 

コンドームごしでもわかるくらい、締りがよくて気持ちのいいおまんこだったので、射精感を堪えるのが大変だった。

 

さっきの手への愛撫で、ずいぶん興奮してしまっていたし。

 

どうにか真美をイかせた後、すぐに射精して終わりにした。

 

極度の手フェチ-2

 

それから、真美とはラブラブな毎日が続いている。

 

俺が極度の手フェチだっていうのを知った時は、さすがにちょっと引いていたけど、今では理解してくれてるみたいだ。

 

真美の手に傷をつけないように、俺がせっせと家事をやっているのも、ポイントが高いらしい。

 

極度の手フェチ-2

 

手コキしてもらったり、手の中に射精させてもらうのも、かなりの至福で浮気なんてする気にもならない。

 

いっそこのまま、結婚してしまおうかな。

関連情報


出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
トップへ戻る